仕事中のネットサーフィン、生産性を向上-豪大学報告

仕事中にネットサーフィンをして遊ぶと、集中力が高まり、
生産性が向上する
――豪メルボルン大学がこのような
調査結果を発表しました。

この研究では300人の会社員を対象に行われ、その結果、
7割の人が仕事場でネットサーフィンを楽しんでいることが
明らかになったそうです。

同校の経営・マーケティング学部のブレント・コーカー博士に
よると、「オフィスにおけるトータルの時間のうち、20%未満
という適度な範囲で仕事中に楽しみのためにネットサーフィン
をする労働者は、およそ9%だけ生産性が高い」とのこと。

博士曰く「集中力を取り戻すためにボーっとする時間が必要
であり」、「授業中など20分もすれば集中力は著しく低下した
はずだ。しかし休憩を挟めば集中力を取り戻せたはず。仕事
でも同じことがあてはまる」とのこと。
(以上:CNET Japan他より引用)

確かに、私の個人的経験でも外部アクセス全面禁止の常駐
現場よりも、仕事中にたまにネットサーフィンできる現場の方
が能率よく仕事ができていたような気がします。
他のエンジニア達も仕事と無関係の、車の製品サイト等を時々
見たりしていましたし。

ただし、博士は、過度のネットサーフィンは逆効果だとも忠告
しているのでその点はくれぐれも皆さんご注意を。




"仕事中のネットサーフィン、生産性を向上-豪大学報告" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント