集団準レイプ犯学生6人、「教育的配慮」で通報せず~京都教育大

以前も早稲田大学の「『スーフリ』事件」等類似事件があ
りましたが、今回の方が悪質度は上かもしれません。
しかもあろうことか、教員養成大学が舞台です。開いた口
が塞がりません。


毎日.jp(6.1)記事より
http://mainichi.jp/select/jiken/news/20090602k0000m040103000c.html
**************************************************
京都市内の居酒屋で今年2月、酒に酔った女性に集団
で性的暴行を加えたとして、学生6人が集団準強姦
(ごうかん)容疑で逮捕された京都教育大は、被害者
の母親の相談を受けた後も京都府警へ通報せずに調査
を進め、関係者を内々に処分していた。親告罪ではな
い上、口裏合わせなどの恐れもあっただけに、捜査関
係者は「なぜ、すぐに通報しなかったのか」と憤って
いる。

女子学生の母親から3月3日に相談を受けた大学は
6人を無期限の停学処分とし、見ていたのに止めなか
ったとして数人を訓告にした。うち1人は卒業して
いる。府警が母親からの通報で事件を知ったのは同
27日だった。

寺田光世学長は1日、京都市伏見区の大学で謝罪会見
した。6人を処分しながら非公表にした理由を「学生
に対する教育的配慮」とし、「捜査を混乱させるから」
とも述べた。

大学によると、コンパ終了後、女子学生に4人が性的
行為をし、残り2人もわいせつ行為に及んだという。

だが、学内調査結果の詳細については「教育的配慮」
を連発して説明を拒否。調査結果を府警に伝えていな
い理由についても「被害者の立場を考慮した」などと
強調し、「教育的配慮」を約20回も繰り返した。
**************************************************

大学は女子学生の母親から相談を受けていたにも関わら
ず、犯人の6人の男子学生を形だけの処分でうやむやに
してもみ消そうとしていました。この6人の親は、ひょっとして
京都教育大の経営を左右する程の影響力を持つ
有力者もしくは政財界の大物なのでしょうか?

それにしても、レイプ犯を通報して「罪に服させる」の
でなく、「何事もなく卒業させて教壇に立たせる」のが
教育大の「教育的配慮」というものだとは、知りません
でした・・・。


そんな「教育」というものがあったとは……。
生まれて初めて聞きました…。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック