柳楽優弥、復活!生還!

昨年8月末の睡眠薬の多量摂取による自殺未遂騒動
以来、柳楽優弥君(19)が初めて公の場に姿を現しました。
あの騒動から殆ど音信が無く、「カンヌ最年少主演男優賞」
俳優のその後が憂慮されていましたが、我々ファンはひと
まず安心してよさそうです。

画像

主演映画「戦慄迷宮3D」の製作発表に出席した柳楽優弥。

MSN産経ニュース(6.14)より
http://sankei.jp.msn.com/entertainments/entertainers/090614/tnr0906141602005-n1.htm
**************************************************
柳楽の公の場は、2007年9月に都内で行われた
映画「包帯クラブ」の初日舞台あいさつ以来、約1年
9カ月ぶり。まず、集まった報道陣は、そのふっくら
とした姿と今までと違うヘアスタイルにビックリだ。

柳楽は「ふっくらバレました? 髪形はちょっと今ま
でと違うようにしたいなと監督に相談して変えたんで
すけど、ふっくらは、食べ過ぎッすね」と照れ笑い。
所属事務所によると、騒動後、一時は10キロ近く増
量。その後、ジムなどに行って減量に努めたというが、
柳楽は「減量は(まだ)2、3キロぐらい」と苦笑い
した。

新作の主演映画「戦慄迷宮3D」(清水崇監督、10
月公開)は、富士急ハイランドの人気アトラクショ
ンの映画化。鬼才、清水崇監督(36)が3年ぶりに
メガホンを執り、日本初の長編3D映画に挑戦した意
欲作で、早くも世界から注目を集めている。

だが、5年前にカンヌで史上最年少で最優秀男優賞を
受賞している柳楽は「世界へのプレッシャーはないで
す」とキッパリ。騒動後の心境の変化には「変わりま
くりです。とくに変わったのはメンタル面ですね」と
答え、新生・柳楽優弥をアピールしていた。
**************************************************

画像

映画「戦慄迷宮3D」の製作発表に参加した(左から)清水崇監督、
前田愛、蓮沸美沙子、柳楽優弥、勝地涼、水野絵梨奈

メディアには「激太り」などとも書かれた柳楽君ですが、
集合写真等の全身ショットを見る限りではそれ程にも
見えない感じですがね。(苦笑)
個人的には、以前の「尾崎豊」似のややナイーヴな
ビジュアルの方が好きですが。

これも、「役作り」の一環でもあるんではないですかね。
本人は公式には否定コメントこそしてますが、ラッセル・
クロウのように「太る」「やせる」は俳優の役作りとい
う「仕事のうち」ですから。

ともかく元気で何よりです!
今後の柳楽君のますますの活躍を期待しています。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック