清志郎の“ロック葬”

清志郎を亡くした悲しみに打ちひしがれる僕らファン達
ですらさえにも、
「どうしたんだ?元気出そうぜ、ベイベー!
という声が聞こえてくるような、清志郎の遺影の笑顔で
すね。暗くしめっぽいことを嫌った清志郎の性格を尊重
した、まさにライブさながらの“ロック葬”だったそう
です。
http://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/entertainment/news/CK2009050502000125.html

画像

まるでビートルズの「サージェント・ペパーズ・ロンリ
ー・ハーツ・クラブ・バンド 」
のように明るい花々に
彩られた祭壇

画像

ピンクの縁取りの遺影(左)と清志郎愛用のギター:ギブソ
ン社製アコースティックギター「ハミングバード」(右)


「雨上がりの夜空に」
の大合唱の中での出棺、参列者達
からのフラワーシャワーと盛大な「清志郎~!!」コールでの見送り。

まさに“キング・オブ・ロック”にふさわしい、最高の“ロッ
ク葬”だったのではないでしょうか。


なお、9日に東京・青山葬儀所で営まれる、私達一般フ
ァン向けの告別式も、やはり清志郎のライブをイメージ
した“ロック葬”となる模様です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

2009年05月06日 09:07
初めまして、「しげだす。」ブログのしげです。コメント&トラバ有り難うございます。感謝の気持ちを伝えようと思っていたのですが、いまいち、未だにトラバの仕組みがわかっていないので、コメントにて失礼します。
2009年05月07日 23:34
しげさん、初めまして。
遅くなりましたがコメント有難う
ございます。

コメント欄だと500文字以内
制限があり、欄も狭いので、
改めて別途スレッド立ててご説明
しますね。(^_^;)

この記事へのトラックバック