モンスターペアレントに鉄槌!:最高裁~熊本体罰訴訟、原告が逆転敗訴

最近の小中学校の教育現場では、叩くことはおろか、肩
に手を触れたり近距離に近付くだけで「体罰だ!」と叫
ばれ、中にはその日のうちに両親が学校に即乗り込み
延々と怒鳴り込み続けることが日常風景と化している感が
ありましたが、そうした由々しき風潮に鉄槌を下す「画期的」
判決
が最高裁で下りました!教師の具体的な行為が
体罰に該当するかどうかを最高裁が判断した民事訴訟
の初の判例になるということだそうです!

ニュース元:Yomiuri Online(4.28)記事より
**************************************************
熊本県本渡市(現・天草市)の市立小学校で2002年、
男性の臨時教師が小学2年男児(当時)の胸元を掴
み壁に押し当ててしかった行為が、体罰にあたるかど
うかが争われた訴訟の上告審判決が28日、最高裁
第3小法廷であった。

近藤崇晴裁判長は「行為は教育的指導の範囲を逸脱
しておらず、体罰ではない」と述べ、体罰を認定し
て市に賠償を命じた1、2審判決を破棄し、原告の
男児の請求を棄却した。

学校教育法は教師の体罰を禁じているが、教師の
具体的な行為が体罰に該当するかどうかを最高裁が
判断した民事訴訟は初めて。

判決によると、教師は02年11月、校内の廊下で
悪ふざけをしていた男児を注意したところ、尻をけ
られたため、男児の洋服の胸元を右手でつかんで
壁に押し当て、「もう、すんなよ」と大声で叱った。
男児はその後、夜中に泣き叫ぶようになり、食欲も
低下した。

判決は「悪ふざけしないよう指導するためで、罰とし
て苦痛を与えるためではなかった」と認定。原告側は
上告審で「恐怖心を与えるだけだった」と主張したが、
判決は「教師は立腹して行為を行い、やや穏当を欠い
たが、目的や内容、継続時間から判断すれば違法性は
認められない」と述べた。
**************************************************

画像

写真はドラマ『モンスターペアレント』より引用

拳骨や平手打ちで叱られるのがごく日常風景だった僕
の小中学校時代から見ると隔世の感があります。

叱られた後の男児の、「その後」については、当事者で
ない僕の憶測で白黒どうこうものを言うわけにはいきま
せん。しかし、それでも「この程度」のしつけくらい普通
は一般家庭でもされていて然るべきですし、しごくもっ
ともな本来ならば「常識」ともいえる判決ではないで
しょうか。

むしろ、この程度のしつけを「体罰」とした一・二審の
判決の方が非常識も甚だしいというか判事は一体何を
見ていたのだろうかとさえ思います。

勿論、僕の中学校時代のように教師による木刀・竹刀で
の殴打が四六時中横行するような体罰が跋扈するように
またなっては元も子もありませんが、悪質な悪ふざけや
いじめに対し教師が毅然と叱れるようになるという意味
で今回の最高裁判決は「画期的判決」であると思います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2009年04月29日 15:30
まさしくおっしゃるとおり。
行き過ぎた体罰は否定されなければなりませんが、胸ぐらつかんで注意する程度の事が禁止されては、社会規範など教えられません。
2009年05月01日 00:46
私の父は、殴ることこそしませんでしたが、
胸倉や襟首を掴まれて叱られること位は
しょっちゅうありました。そのことくらい
すらも「体罰」とされるようでは、しつけ
の「し」の字すらもできないですよね。

この記事へのトラックバック

  • この親にしてこの子ありか

    Excerpt:  今日のニュースを観てたら、とある裁判の判決のことが報道され、「ったく、子供の教育以前に母親の方を教育し直す必要ありだろ」と思った本日のあたしです。 Weblog: undercurrent racked: 2009-04-29 18:43