YouTube、ブラウザから動画に字幕を追加できる新機能を公開。

米Google傘下のビデオ共有サービス「YouTube」は
米国時間2009年4月16日,Webブラウザで動画の
字幕を編集できるツール「CaptionTube」(ベータ版)
を公開しました。

画像

「CaptionTube」の操作画面(縮小写真)

CNET Japan(4.17)より抜粋
---------------------------------------------------------
YouTubeでは2008年8月以降、動画へのキャプション追加を
サポートしているが、これまではタイムコードとキャプションを
別々の「.sub」ファイルとしてアップロードする必要があった。
YouTubeのラボ部門であるTestTubeの一部となる
CaptionTubeでは、動画エディタのような外観と操作性を備えた
タイムラインベースのシステムを使って、ブラウザからキャプショ
ンを追加できる。

CaptionTubeでは、YouTubeのアップロードセクション、または
パブリックインターフェースのURLから動画を入手することが
可能だ。そして、画面上から注釈を追加できるYouTubeの
注釈エディタと同様に、開始点と終了点を指定してそれぞれの
キャプションの表示時間を決めることで、動画にキャプションを
追加できる。さらに、複数の言語のキャプションを同時に編集
することも可能。
複数言語キャプションは、別々のトラックとしてタイムライン上に
表示される。
---------------------------------------------------------

外国の動画映像をただ音声聞き取りだけしか
できなかった今までと違って、語学力のある
ユーザーが字幕を付けてくれれば、YouTubeは
ますます面白いコンテンツになりますね。
(もっとも、ニコニコ動画みたいな弾幕はさすがに
いらないと思います。同じじゃなくていいと思います。)

尚、この新アプリケーション「CaptionTube」の操作
方法解説の動画のURLを下記に貼っておきます。
興味のある方はクリックしてみて下さいね。
http://japan.cnet.com/news/media/story/0,2000056023,20391850,00.htm

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック