松ケン『L』が全米400館で上映決定!

こちらもめでたいニュース、また日本映画の
話題です。

『デスノート』シリーズのスピンオフで、“松ケン”
こと松山ケンイチ主演の『L change the WorLd』が、
全米400館で上映されることが決まりました。

画像

『L change the WorLd』の1シーンの松ケン

Yahoo!ニュース-VARIETY(4.17)より抜粋
------------------------------------------------------
特別イベントとして今月29(水)、30(木)の両日午後7時半
(現地時間)から、ファンの多様なニーズに応えるため、
29日は字幕版、30日は吹き替え版を上映。
主人公・Lの声は、米で放送中のアニメ・シリーズで声優を務めて
いるアレッサンドロ・ジュリアーニが担当した。

今回のイベントは、同作の米国配給を手がける米ビズ・ピク
チャーズが、米劇場広告エージェンシーのNCM Fathomとともに、
2日間限定で企画。
このコンビは昨年5月に、全米300館で『デスノート』前編を上映し、
2日間で6万5000人を動員した実績がある。

「デスノート」ブランドは、米国でも安定した人気があり、37エピソ
ードあるアニメ・シリーズは、ケーブルテレビで毎週、数100万人
の視聴者を魅了。 DVDや「13冊目の『DEATH NOTE』」と銘打た
れた公式解析マニュアル「DEATH NOTE HOW TO READ 13」
(ビズ・メディア刊)も好評を得ている。

「デスノート」ブランドの人気に加え、『ザ・リング2』で米国進出
を果たしている中田秀夫監督の知名度や、ビズ・ピクチャーズ
の堀淵清治社長が「有望な日本人俳優」と米国ファンにアピール
する松山への現時点での注目度がこの興行でわかる。
結果が期待される。
------------------------------------------------------

今年の秋には注目作『カムイ外伝』(崔洋一監督)も
公開される松ケン。
『カムイ外伝』公式サイト
http://www.kamuigaiden.jp/

冬ドラマ『銭ゲバ』での怪演も記憶に新しいところ
ですよね。彼の演技のスケールは日本に閉じ込め
ておくのは狭すぎるし、勿体無さ過ぎます。
いよいよ、世界への飛躍が大いに期待したいですね!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

驚いた

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック