ボール犬ミッキー逝く~広島カープ、今日は半旗で試合

画像

球審にボールを届けるミッキー
(2005年4月10日、旧広島市民球場)

旧広島市民球場(中区)で球審にボールを運び、
人気を集めたベースボール犬「ミッキー」が8日、
老衰のために永眠しました。
飼い主の訓練士上野智美さん(32)
=広島県北広島町=は「観客と触れ合えて喜ん
でいた」としのんでいました。

ゴールデンレトリバーで、2005年に国内初の
ベースボール犬としてデビュー、07年までの
3シーズンにわたり、背番号111(ワンワンワン)
のユニホーム姿で、ボールを入れたかごをくわえ
て運び、その愛嬌ある姿が人気を集めました。

広島東洋カープの松田元オーナーは「大観衆にも
物おじせずに愛嬌(あいきょう)を振りまいていた。
かけがえのない存在だった」と惜しみました。
今日14日の対横浜戦は、球団旗を半旗に掲げて
哀悼の意を示し、カープは試合に臨んだ。

 ミッキーはマツダスタジアム(新広島市民球場)で
地元開幕戦があった10日、12歳になるはずでした。
上野さんは「新球場にも一緒に行きたかった」と声を
詰まらせていました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック