外国人による総合ランク「1位」は・・・何と!――2008年に外国人が注目した日本の観光スポット

旅行クチコミサイトの「トリップアドバイザー」
が外国人ユーザーのサイト利用動向やクチコミ投稿
件数などをもとに、「外国人が最も注目した日本の観光
スポット2008」を4月1日発表しました。

総合ランキング1位となったのは、例年どおり「京都」
・・・かと思いきや、1位となったのは何と「築地市場」
(東京都中央区)! 以下、2位「東京ディズニーラン
ド」(千葉県浦安市)、3位「ポケモンセンター東京」
(東京都港区)、4位「六本木ヒルズ」(東京都港区)、
5位「東京ディズニーシー」(千葉県浦安市)、6位「浅
草寺浅草観音堂」(東京都台東区)、7位「金閣寺」
(京都府京都市)、8位「伏見稲荷大社」(京都府京都
市)、9位「スパワールド」(大阪府大阪市)、10位
「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」(大阪府大阪市)
が続きました。

画像

ランキング1位を獲得した東京・築地市場

画像

2008年外国人からの注目度が高かった観光名所
総合ランキング(出典:トリップアドバイザー)


歴史的な価値の高い有名観光スポットをおさえて総合1
位になった「築地市場」ですが、国別ランキングでも米
国、英国、フランス、イタリア、ドイツで1位、スペインと
インドのランキングでもベスト5に入っています。
「活気あふれる巨大なマグロのせりの迫力に加えて、
見学後に場外市場に並ぶすし店で、新鮮なすしを楽しめ
ことも人気の理由となっているようです。築地市場は、
マナー問題などで2008年末から1カ月間、外国人観光客
の見学中止措置がとられるなど、問題点も指摘されてい
ますが、観光資源として価値は際立って高い」(トリッ
プアドバイザー)という評価となっています。

画像

国別ランキング(出典:トリップアドバイザー)


尚、国別ランキングでは、古城や大聖堂といった古い
文化遺産を大事にするドイツで京都の人気が高く
(2位「伏見稲荷大社」、3位「金閣寺」、4位「清水寺」)、
ファッションの国イタリアの4位「伊勢丹」(東京都新宿区)
など各国の国民性が垣間見えるのが面白い所です。

記事の上記リンク先をを見て頂ければ判るとおり、
「トリップアドバイザー」のサイトは13カ国(日本含む)
で展開されている徹底した口コミ・Q&Aサイトです。
インターネットでリアルタイムに瞬時に情報が世界を
駆け巡るこの時代、たとえ口コミ元がリピーター観光客
だったとしても、その書き込みが「リアルな生の今の
日本」の姿を伝え、ビギナー観光客の新たな好奇心を
呼び起こしているのでしょう。「フジヤマ・ゲイシャ」、
「京都・奈良、日光・鎌倉」イメージの日本は海外でも
急速に過去のものとなってきているのかもしれません。


(※ランキングは、トリップアドバイザーに登録されている
国内約1万件の観光スポットへの注目度を、
トリップアドバイザーの海外7カ国[米国、英国、フランス、
イタリア、ドイツ、スペイン、インド]のサイトにおけるユーザー
の利用動向(アクセス回数や滞在時間、クチコミ投稿数)を
もとに集計したもの。集計期間は2008年の1年間。)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック