【センバツ甲子園】花巻東と利府、初の東北勢同士の準決勝激突!

今夜、久し振りに実家の父と電話で話した時、
「今年の東北勢は強いなぁ。花巻東に、プロスカウト
の注目度NO.1の物凄い左腕がいるぞ!
大会前は故障でノーマークらしかったんだが、
今大会で急成長して今や清峰(長崎)の今村や
西条(愛媛)の秋山もかすむ今秋ドラフトの
目玉NO.1間違い無しだそうだ!」
と父が珍しく興奮気味に話していました。

確かに、今年のセンバツは東北勢が旋風を巻き
起こしていますね。宮城県代表の利府高校は、
わが千葉県代表で甲子園きっての名門・習志野高校
との対戦前の下馬評段階から、「超強打線、要警戒」
と言われており、本番ではその強打こそ封じたものの、
習志野伝統の機動力を利府高外野手の堅守に再三
封じられて接戦に持ち込まれた末に習志野高校の
サヨナラ負けという恐れていた最悪の結果となりました。

一方、花巻東高の方は僕は完全にノーマークでした。
テレビのセンバツ直前特集でも下馬評にすら上がって
なかったのは当然のこと、注目選手特集にも誰も
取り上げられておらず、大会前の注目は大半の皆さん
と同じく
「清原2世こと1年生4番・観野(PL学園・大阪)VS
        今大会NO.1豪腕・秋山(西条・愛媛県)」
でしたから。

今日の「NHKニュース9」のスポーツコーナーの映像を
見てぶったまげました。

花巻東高校の左腕エース・菊池投手、凄過ぎます。
左右の違いこそあれ、松坂大輔投手以来の超逸材
ですよ!
左腕でこんな凄いロケットミサイルのような
豪速球を投げる豪腕は「20年に1人」の素材じゃないん
でしょうか!2回戦あたりの試合では球速150キロを
出したらしいそうですし。

あんな球、普通の高校生じゃ打てません、というより、
バットにすらかすりませんよ・・・。


画像

今大会注目度急上昇の花巻東・菊池投手

花巻東は、今日の準々決勝では2回戦でPL学園(大阪)を
破って勢いに乗る、「津田2世」こと岩本投手擁する南陽工
(山口)を猿川→菊池の継投で5-3で破り、初出場で
4強進出を決めました。

画像

九回表南陽工2死満塁、最後の打者を三振に仕留め、
マウンドでガッツポーズを決める花巻東・菊池投手

一方、続く準々決勝2日目第2試合では、
利府高校VS早実(東京)が対戦。
序盤は早実が2点を先制するものの、中盤5回に利府の強力打線
が爆発して集中打で一挙5点を奪い逆転。9回に2点を取って粘る
早実を振り切り、こちらも甲子園春夏通じて初出場でベスト4
に進出を決めました。

画像

5回表利府1死二、三塁、利府・遠藤が左翼線に
2点適時二塁打を放つ

明日は、ともにフレッシュな初出場の東北勢同士2校が決勝進出
をかけて激突し、勝者が報徳学園(兵庫)VS清峰の勝者と決勝を
戦うことになります。

それにしても・・・・・。
一度でいいから、菊池投手VS「清原2世」観野選手の対決を
見てみたかったなぁ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック