「北」ミサイル打ち上げは失敗~「軌道上に衛星なし」と米軍司令部

もうとっくに終わったニュースだと思っていたら、まだまだ
とんだ続編が残っていましたねぇ・・・。
「ざまあみろ」と言いたいところですが、
正直、もううんざりですわ・・・。

まず、続編その1→「二段目切り離しに失敗、そのまま落下」

米コロラド州の北米航空宇宙防衛司令部(NORAD)と米北方軍
司令部の現地時間5日朝発表の声明では、
「ミサイルの1段目は日本海に落ちた。残りの数段は搭載物とともに
一緒に太平洋に落ちた」としており、「何も軌道に乗らなかった」として、
打ち上げが失敗したとの見方を示しました。

一方ロシア側は「追跡システムで特定して、『衛星』は軌道に乗った」
としていますが、あの国も独裁国家なので、情報として信用するに
値しないのは明白です。

画像

米軍“軌道には何も乗らず”(NHKニュース845より)

続編その2→「北ミサイル、予想外の海域に落下 漁船安否確認に手間取り」
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/090405/plc0904051544063-n1.htm
「【北ミサイル発射】2段目ロケットはどこへ?割り出しには時間」
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/090405/plc0904051909077-n1.htm

北のミサイルは、当初の落下予定海域よりも約900キロも日本
寄りの海域に落下していたようです。想定海域よりもかなり手前
ということになります。もし、日本のマグロ漁船を直撃していたら・・・
と思うとぞっとします。

それにしても、ひどいなぁと思うのは、北の一連の極道ぶりは言うに及ばず
ですが、打ち上げたシロモノのとんでもないポンコツぶりが改めてあらわに
なったことです。まあ、経済制裁の成果ともいえましょうが。
よくぞ日本国内に落ちてこなかったものです。まさに奇跡です。

やはり、今回朝日が「戦争ごっこか?」と御用ライター使って批判記事
を書いているようですが、大袈裟と言われても迎撃態勢をとったのは
正解でした、誤報は褒められませんが。

人道援助を上層部だけでガメって人民を飢えさせ、ミサイルにカネを注ぎ込む
極道国家は、存在自体が全地球市民にとって害悪でしかありません。
迅速に手段を選ばずこの地球上から消すことが世界平和の為であり、北朝鮮
国民のためにもなるでしょう。

画像

訪問先のチェコで北朝鮮の暴挙を批判する
オバマ米大統領(NHKニュース845より)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック