北朝鮮は今度こそ本気で戦争する?~中・短距離ミサイルも準備、テポドン直前直後に発射か

いつもなら笑ってスルーしていられる「産経」の記事だが、
現在は状況が状況だけに笑ってはいられない。

北朝鮮が人工衛星「光明星2号」と主張して「テポドン2号」
改良型とみられる長距離弾道ミサイルの発射準備を進めて
いる問題で、この発射計画とは別に、北朝鮮が日本海側の
元山(ウォンサン)付近でも中・短距離ミサイルの発射準備を
進めていることが28日、複数の政府関係者の話で分かった
からだ。

画像


北の「衛星」矛盾 中・短距離ミサイルも準備 テポドン直後に発射か
(Yahoo!ニュース(産経新聞)より)
-------------------------------------------------------
■日本海側元山

 北朝鮮が「人工衛星」と主張して「テポドン2号」改良型とみられる
長距離弾道ミサイルの発射準備を進めている問題で、この発射計画
とは別に、北朝鮮が日本海側の元山(ウォンサン)付近でも中・短距
離ミサイルの発射準備を進めていることが28日、複数の政府関係者
の話で分かった。米国の偵察衛星などが監視を強めており、新たな
発射計画はテポドン2号の発射直後に実行に移されるとの分析も
ある。

相次ぐミサイル発射計画は、平成18年に国連安全保障理事会が
北朝鮮に「大量破壊兵器と弾道ミサイル計画の完全なる放棄」を
求めた制裁決議1718号に違反するだけでなく、「衛星」打ち上げ
との北朝鮮の主張が矛盾に満ちていることを示している。

 複数の政府関係者によると、新たにミサイルの発射準備が進め
られているのは、北朝鮮の東海岸にある元山付近の発射基地。
元山は北朝鮮が4月4-8日に長距離弾道ミサイルを発射しようと
している舞水端里(ムスダンリ)の基地から約250キロ南西に位置
し、貨客船「万景峰92」の母港がある主要都市で、米国や韓国は
偵察衛星で付近の基地を監視していた。 

 これまでの日米韓3カ国による分析により、新型ミサイルの射程は
「短距離か中距離タイプ」(防衛省関係者)と推定されるが、ミサイル
は燃料タンクの大きさや注入量、何段積み上げるかによっても射程
を調整できる。

 舞水端里よりも元山の方が韓国や日本の大都市圏に近く、日韓は
特に警戒を強めている。発射基地には複数発が配備されているとの
見方もあることから、日米韓で緊密に情報交換している。

 また、具体的な発射計画は明らかではないものの、この中・短距離
ミサイルの発射は「長距離弾道ミサイルの発射後になる」(政府関係
者)と分析されている。国連で対北朝鮮制裁決議が採択されたり、
米国からエネルギー支援などの譲歩が引き出せなかったりした場合に
「北が次々とミサイル発射のカードを巧みに使ってくる可能性がある」
(米政府関係者)との見方からだ。

 また、北朝鮮は北西端の東倉里(トンチャンリ)にも新たなミサイル
発射施設を建設して、エンジン燃焼試験などを行っているという。
「東倉里で実際にミサイル発射ができるまでには時間がかかるものの、
発射基地は増えている」(政府関係者)と、北朝鮮はミサイル配備を
着々と進めているとの見方が有力だ。

 日米韓は元山での新たな発射計画の実態をつかんだことで、北朝鮮
への制裁強化や長距離弾道ミサイルの迎撃などに慎重な姿勢を崩さ
ない中国、ロシアに対する説得材料とし、働きかけを強めていく考えだ。
(尾崎良樹)
--------------------------------------------------------

なんせ、確か2~3年前もテポドンに織り交ぜて前後に中距離
ミサイルを7連射ぐらい日本海に撃ち込んでいる前例があるからね。

「中・短距離ミサイル」=ノドン なわけだから、この地図見る限り韓国は
言うに及ばず、日本の3大都市圏+広島・新潟は確実にヤバい。
核を装てんしてようがいまいが、東京大空襲や阪神淡路大震災なみの
激甚な被害は最低限確実だろう。

朝鮮半島の天候事情から4/4・5は回避されて6~8に発射の段取り
となりそうだとのことだが(→Yahoo!ニュース(時事通信)より)。

それと、千葉県民としてもうひとつ心配が大きいのが、テポドンの
着弾先が当初予想された岩手県沖でなく、千葉県沖らしい(!)
ということだ。

万一着弾(着水?)前に故障したら確実に千葉県内に落ちて来る!
迎撃にたとえ成功したとしても、ミサイルの破片が千葉県内各地と
都心や茨城県、埼玉県東部には確実に降り注ぐだろう。
(しかも、鴻池祥肇官房副長官が国会答弁で「弾同士当たるの困難」
と本音を漏らしている・・・。)


北ミサイル 迫る“Xデー” 見えぬ恐怖どうすれば
(MSN産経ニュースより抜粋)
--------------------------------------------------------
危険区域とされるのは、秋田県沖の日本海と千葉県沖の太平洋だが、
軌道が逸れて、日本列島を直撃する最悪の事態も想定されるため、
政府は迎撃を決めた。

 ミサイルを迎撃したときの被害は出るのだろうか。

(中略)

 都心にも迎撃システムがあるため、「万一、都心に向かってきても
撃ち落とせるだろう」(江畑氏)。しかし、対処方法については「降り注ぐ
破片を避けるために、情報をキャッチし、家などの建物の中にいるように
するしかない」

漁業への影響は?

 水産庁などによると、秋田県沖の危険区域で操業している漁船は
ないという。一方、太平洋側では、今月17日以降、マグロ漁船5隻
程度が危険区域で操業しており、同庁は、発射が通告されている時期
には立ち入らないように漁業団体などを通じて呼びかけている。
--------------------------------------------------------

漁師さん達は出漁を控えて家に避難という選択肢があるが、
我々サラリーマンは通勤中や「営業」中に落ちて来たら避けようがない。

一応、東京都は「避難マニュアル」なるものを作成して、
屋内に避難するように勧めてはいるが・・・。

一方、他の自治体といえば、全自動サイレンや一斉同報システムすら、
「財政難」を理由に導入が遅々として殆ど進んでないそうだ・・・。
北ミサイル 進まぬ国民保護、警報整備11%止まり (MSN産経ニュース)
(そんな「財政難」なのに、要らない道路や橋の工事の予算は
しこたま有るとは、不思議だ。)


やはり、4/6~8は「病気」で会社を休んで「自宅待機」が賢明か・・・。

画像

北朝鮮のミサイル迎撃準備のため入間基地に配備されたPAC3の関連車両
(MSN産経ニュースより転載)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 北朝鮮の3段式発射体を確認、改良型テポドン2の真相とはこれだ!

    Excerpt: アメリカの商業衛星企業「デジタルグローブ」が、北朝鮮・舞水端里(ムスダンリ)のミサイル発射施設をとらえた最新の衛星写真を公表したというべ。 北朝鮮の子供たち3段式の発射体が発射台上に設置された状況がく.. Weblog: このニュースの裏は知りたくない racked: 2009-03-30 20:17