島根県浜田市、ワンストップ窓口サービスを実現!

今日最後の投稿記事位は、せめて明るい話題を。

島根県浜田市は、NECのパッケージソフト(「GPRIME庁内電子申請」
というソフトだそうです)を用いて、転入届・印鑑登録・健康保険/年金
異動届など複数の手続きを住民にワンストップでサービスする総合窓口
システムの構築を実現したそうです。

以下は「ITPro」より抜粋
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
4カ所の支所でも教育委員会の転入学通知の手続きがワンストップで
可能になった。浜田市では年間約2100件の窓口申請手続きにおいて
約1140時間の削減効果を見込んでいる。

 浜田市のワンストップ窓口では、受付(総合窓口)と処理(業務主管
課)を分離している。窓口はあくまでも受付だけで処理はバックヤードで
行う。窓口で受付登録した各種申請データを自動的に各課に振り分け
て並列処理を行うことができるほか、離れた建物の課にもデータを送っ
て処理業務が可能となる。

 同市総合窓口課では、「基幹系のシステム刷新に合わせてワンストッ
プ窓口を導入した。窓口職員がすべてをこなすやり方もあるが、高度な
スキルが要求されるため、審査・台帳更新などの業務はバックヤードで
行う方法にしたかった。また、将来さらに職員が減っても、このシステム
を使うことで支所のサービスレベルを落とさずに業務が継続できるので
はないか」とコメントする。

 システムを導入したNECによると、同社が「遠隔二線式」と呼ぶこうした
やり方での自治体ワンストップ窓口は全国初だという。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
NECの発表資料
http://www.nec.co.jp/press/ja/0903/1101.html

本来の自治体窓口のあるべき「当たり前」の姿が、ITによってようやく
実現するわけですが、「住民本位の行政は、何事も本気でやればできる!」
という良い見本ではないでしょうか。

各県・他の市町村もぜひ浜田市を見習うべきだと思います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック